春日井市の「英会話教室ハナハウス」について詳しくはコチラへ


ブログトップ

”Polite Vowelsのルール”でピンときた瞬間に出会いました!

Polite Vowels ってなに?と思われる方もいると思うのでちょっと説明。

f0321473_23013234.jpg
母音が2つ続いている場合は、1番目をアルファベット読みして、2番目は読まない。
並んだ2人の2番目の人が1番目の人に(音を)譲る感じなので、「礼儀正しい母音」と言うのです。

具体的には
ai 
ay 

ea 
ee 

ie 

oa 
ow 

ue 
ui 

が対象となります。2文字目は無視。1文字目をアルファベットのNameで読むというルールです。
なぜ教室で嫌というほど A says a,a, apple練習をしている皆さんはアルファベットにsoundとNameがあることはもうばっちり覚えてますよね?
wやyが母音として使われることに違和感があるかもしれませんが、wは「ウ(ワ行の)」、yは「イ(ヤ行の)」として母音の仕事をするときもあるのです。

音の足し算で、前の子音と合わせて音を作ってみます。

rain      rai(ル+エイ=レイ) n(ン)     →レイン
May(may)  May(ム+エイ=メイ)          →メイ

tea      tea(ト+イー=ティー)         →ティー
week     wee(ウ+イー=ウィー) k(ク)    →ウィーク

pie      pie(プ+アイ=パイ)          →パイ

boat     boa(ブ+オウ=ボウ) t(ト)     →ボウト
show     s(ス) now(ヌ+オウ=ノウ)     →スノウ

blue     blue(ブル+ウー=ブルー)       →ブルー
fruit     f(フ) rui(ル+ウー=ルー) t(ト)→フルート

くどいようですが、今回は説明のために仕方なくカタカナをふりましたが、ハナハウスでは英語にカタカナをふるのは禁止です。

で、このルールを勉強していた中学2年生の女の子が突然 "I see!!!" 
今までしっくりきていなかった「音の足し算」がふっと理解できた瞬間に出会えました。


そう!この瞬間を見るのが英会話教師の醍醐味!!
嬉しそうな本人を見て私もめっちゃ嬉しくなりました。
実はspellingが苦手な彼女ですが、これを気にスペル苦手意識がなくなるといいなぁ。


Megumi



[PR]
by hannah-house | 2014-08-28 23:03 | フォニックス | Comments(0)

教室の様子やイベントについてお知らせします。


by hannah-house