人気ブログランキング | 話題のタグを見る






  春日井市の「英会話教室ハナハウス」について詳しくはコチラへ


ブログトップ

目からうろこ

Hi, my lovely kids.
How are you?

I am so excited but...

来年度は教室5周年♡
通ってきてくださるママさんはよくご存じだと思いますが、どちらかというと「猪突猛進」タイプの私。

そして私をもっとよくする友人から言われるのは
「自分の限界を考えるべき」
特に体力面で。

これってレッスンで使えない?
これできたら子ども達楽しいよね? ←自分含む
これできたらママさんもっと楽になるよね。 ←私も苦労したし
これできたらみんなハッピーじゃない? ←教室モットー

4年間こんな気持ちで走り続けてきて、気が付いたらめっちゃ疲れていました(笑)
最初が ぎっくり腰
次に  耳鳴り

やばいかも…
で、昨日病院に行ったら血液検査の結果が「過労って言葉知ってる?このまま入院してもおかしくない数値なんだよ」とガツンと注意されました。

いつもイベントを手伝ってくれるお友達が、「もっと周りを信用して、甘えたら?」
と助言してくれました。
せっかくの助言なのに、「自分がやらなきゃいけないことは自分がやらないといけない」という固定概念にやっぱりしばられたままでした。

でも、ふと思い返すと

最近「先生最近疲れているよね。手伝えることがあったら言ってくださいね」というママさんからのラインコメントが複数( 涙)
お迎えの時にも「先生明らかに疲れてるよね?大丈夫?私たちでできることは手伝うよ」と積極的に声をかけてくれるママさん。

目からうろこ。ってこのことですよね。
英語で言うと”the scales fall from one's eyes” という表現。日本語も英語も直訳で同じ意味。
もともと日本語は、英語の表現を訳したものなんです。

オリジナルは新約聖書。
当時クリスチャンは迫害されていました。サウルという人がダマスカスへ行く途中で、イエス・キリストの幻と出会います。
手伝ってくれると思いきや、なんと目が見えなくなります。 ←「おいおい、壁高くしてどないすんねん。」と心の狭い私は思いっきり突っ込みました(笑)

イエスのアドバイスに従うと、「目から鱗のようなものが落ちて、再び見えるように」なります。 
「自分の力を示したいだけ?」と思わなくはないんですが、でもこの過程が彼にとって大切なんですよね。
きっと「見えない」自分を経験しなければこの話はなりたたないんです。

私もそうです。
もう限界かも…どうしたらいいんだろう(涙)
と思うからこそこのエピソードを思い出したんだろうと思います。


なんだかんだで彼はキリスト教に改宗。
「パウロ」と名を改め、キリスト教を世界宗教にまで拡大することになります。


私は彼ほど純粋ではありませんし、キリスト教を広めるつもりはないんですが、でも「子どもたちに楽しく英語を学んでほしい!」という気持ちを広めるためと考えなおしてみると…

お友達の助言は
「私より優れているお友達もママさんもいっぱいいるのに、自分だけでなんとかしようとする必要はない。」という意味ですよね。
思い込みで苦しくなっていた自分に気が付きました。
突っ走りすぎて、せっかくの言葉に耳をまったく貸さず、周囲がまったく見えなくなっていた自分に気が付きました。

Could you help me?を素直に言える自分になりたいなぁ。

と思います。

Megumi

by hannah-house | 2017-09-28 11:44 | ハナハウス

教室の様子やイベントについてお知らせします。


by hannah-house