人気ブログランキング |






  春日井市の「英会話教室ハナハウス」について詳しくはコチラへ


ブログトップ

<   2020年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Hi, my lovely kids.
How are you doing?
I am very excited today.

大切な生徒さんを預かる手前、人混みは極力避けたい。
でも、もともとワークショップとかセミナーとか大好きなので、コロナ渦でオンラインレッスンが充実したのは本当にありがたいです。
何より、自分が来年度からオンラインレッスンをするうえで、どんなレッスンだと生徒さんがわかりやすいかは『自分が体験してみるのが一番』だと思い、このところzoomレッスンをちょいちょい活用しています。
そして今日はなんと、オンライン生け花講座初めて受けました。

生け花って先生がさっと直してくださると、「おぉ、なるほど。」みたいな理解するという感じだと思うので、オンラインだとどうなんだろう?とちょっとドキドキしましたが、むしろ先生に甘えられないので自分でしっかり考え、自分で直さないといけないので、自分で頑張った感が強いです。

そして先生が我慢強い。私が「あれ?なんでこのソテツこっちきちゃうの?こら、そこにいなはれ。」と一人でぼけていてもニコニコ笑顔で見守ってくださいます。私ならすぐ口出ししちゃうかも…
しばらくしてから「前に倒れてきてしまうなら、もう少し前に刺して後ろに倒してみてください。」と言われて、前に倒れるのに前に刺していいんだろうか(ドキドキ)と思いながらやってみたら、なんとすっと立ちました。
オンラインでも「なるほど~」感満載でした。

何より花と正面から向き合うのが楽しかったです。上手な人から見たら突っ込みどころ満載でしょうが、最初に欠点が多いほうが、今後の上達が楽しみなはずです。うんうん。

何より自分が楽しかったので良かったです。
来月はどんなお花かなぁ~。

ハナハウスが「玄関に生花のある」ハウスになりました。
明日からのレッスンでぜひお花にも挨拶してくださいね。
オンライン生け花講座を受けてみた_f0321473_15291171.jpg
オンライン生け花講座を受けてみた_f0321473_15293028.jpg



Megumi

by hannah-house | 2020-10-18 15:29 | ハナハウス | Comments(0)
Hi, Lovely kids.
How are you?
I am very happy.

今の教室を始める前、私は某印刷会社さんの翻訳部門で16年働いていました。
会社を辞めるには様々な理由があると思います。
女性なら男性よりもその理由は多いのかもしれません。
結婚、出産、介護、旦那さんの仕事の都合だったり。
私が勤めていた会社は、地域ごとに特色が異なっていて、中部地区では結婚しても妊娠しても会社を辞めない私はちょっと変わった女性社員だったのでしょう。
結婚することを伝えたときに女性上司に「あ、じゃあ、いつまで会社にいるつもり?」と聞かれ、妊娠したときは「いつまで働ける?」と言われました。
そんなにやめてほしい問題社員だったのか…(涙)と今なら思いますが、世間知らずだった私は2回とも「え?いつからいつまで休めるんですか?」と聞き返し、上司をあわてさせました。
迷惑だったのかしれませんが、結局1人目の時は、無事(?)復帰し、その後、見事なはばっぷりにめっちゃ悩みました。
残念な話ですが、会社の中では、出産したことを後悔しましたし、(ブランクがなければ…と思わない人はいないはず)、上司に「部下だった子たちも育ってきているんだから口出しするな。」ともいわれ、良かれと思ったことはだいたいよくなかったのも事実です。
10年近くやっていた業務からいきなり一人だけの孤立した業務を任され、いきなり目標たてろとか言われて正直腹が立ちました。
何しろそのためのフォローはしてくれないんですから。
・・・あ、営業会議に出られるように頼んでくれたのはフォローか(苦笑)
その後は空回りの連続で、当然評価は上がらず、評価が上がらなければ給料も上がらず…
部署が統合されたときには、正直うれしかったです。
新しい部署なら、結婚、出産した女性への理解もあるはず♪とも思いました。
まぁ、なんだかんだとそれなりに働くうちに、二人目を妊娠。
2回目はさすがに休職までの流れはスムーズでした。
結果、生まれてきた男の子はとにかくでかい。
母に「・・・この子は無理。」と言われ、時短業務など悩みましたが、何より1回目の出産後の孤独っぷりにもう一度立ち向かう気力もなく退社しました。
ほかの部署だったら…と思わないわけでもないですが、ほかの部署ならたぶん私はそもそもやっていけなっかたのかも。
辞める時にはいろいろ思いました。
自分の行動にも問題は山のようにあったんでしょうが、こんなに勤めたのに、会社って辞める時は冷たいなぁとか。
…と、長々と前置きをして本題です。
今回、実家ビジネスの関連で、ちょっとした問題が起き、直属の上司ではないけれど、連絡先を知っている前の会社のえらかった人たちにも色々相談しました。みなさん、本当に親身になって相談にのってくださり、今は残り少ない同期君に思いがけず相談してみました。
辞めた後、組織が変わるどころか、会社名まで変わってしまって、なんとなく疎遠になっていたのですが、同期君は相変わらずどころかパワーアップしているし、みんな頑張っているんだなぁと思いました。
「今までならそんなこと絶対言わなかったのに、親になって成長したね。」と言われて初めて、私ってやっぱり空回りしてたのね(汗)と思いました。
周りには頼れる仲間がいっぱいいたのに、もっと信じていればよかった。
【臨月の妊婦が横浜・川越に出張するのは問題だろうし、何より徹夜はまずかろう…というブラックぶりはここはおいておこう。】
そもそも、辞めると決めたときに、部署移動の話も出ていたらしく、自分勝手に判断せずに、周りに相談すればよかった。
【会社を辞めなければ今の教室もないという事実もやはりおいておこう。】
上手に人に仕事を頼めないのは今でも私の欠点の1つで、温かい声をかけてくださる保護者の皆さんの力を借りているからこそ、教室は7年目を迎えていられるんだ。
と改めて思いました。
「神様はその人に越えられない試練は与えないんだよ。」というのがずーっと私の信念だったのですが、
それは「その人に周囲にはたくさん手を差し伸べている人がいるからなんだ。」と思います。
教室に通っている子どもたちだけでなく、自分の周りの人に喜んで手を差し伸べられる人になりたい。
そんな思いで会社の6年目の決算を乗り越え、7年目に入りたいと思います。

Megumi



by hannah-house | 2020-10-14 13:07 | ハナハウス | Comments(0)

中学生たちのノート

Hi, my Hi, my lovely kids.
How have you been?
I am pretty good because it's not as hot as before.

以前にブログでアクティブラーニングについて書いたのですが、「自発的に勉強」とは言っても、自発的に勉強って難しいですよね?
そんなわけで、今年は中学生を中止に自学ノートの作成を義務付けています。
お約束
①1週間に1回は必ず学校で習ったことを自分でノートをまとめること。
②まとめたノートはレッスン時にMegumiに必ず見せること。

最初はなかなかやらなかった生徒たちも、最近は比較的頑張っています。
学校で配布される英語ノートやワークにももちろんその良さはあります。
でも自分で考えてノートを書くのは本当に大切です。

この自学ノートを頑張った単元は必ずテストで結果が出ます。
そして、このノートを学校に提出した子たちは、それなりに先生からの評価が高い。

ノートの取り方にもその子なりの個性があって、私も見ていて楽しいです。
もっともっと、自分で自発的にノートを書く子どもに成長してほしいなぁ。と心から思います。

A++なんて初めてみました

中学生たちのノート_f0321473_10303565.jpeg
中学生たちのノート_f0321473_10311412.jpeg
中学生たちのノート_f0321473_10332743.jpeg



by hannah-house | 2020-10-01 10:28 | 個別学習ハナクラブ | Comments(0)

教室の様子やイベントについてお知らせします。


by hannah-house